ソフトバンク光の工事の手続きと、初期費用まとめ

ソフトバンク光の工事の手続きと、初期費用まとめ|工事費無料にする方法

 

ソフトバンク光は、携帯電話会社でお馴染みのソフトバンクが運営する光コラボレーション用いたサービスで、簡単な転用手続きを経ればすぐに利用開始する事が出来ますが、新規契約の場合は少し話が違って来ます。

 

まったくの新規契約の場合は、新たに光回線を引くための工事が必要になります。そこでここでは、ソフトバンク光と新規契約する場合に開通までの一連の流れと、工事に掛かる手続きと工事費用や初期費用などを紹介します。

 

 

そもそもソフトバンク光とは

 

 

ソフトバンク光が光コラボレーションの一種である事は前述した通りですが、フレッツ光と大きく違うのは、その料金体系と割引きサービスでしょう。

 

月額料金はプロバイダー込みで、いずれも税抜き価格でマンションタイプで3800円、一戸建てタイプで5200円となっており、フレッツ光がプロバイダーを除いた価格で東日本の一戸建てタイプで6200円、西日本の一戸建てタイプで5500円、東日本のマンションタイプで4350円、西日本のマンションタイプで3420円と比べると、割安になっているのが特徴です。

 

これに加えて、ソフトバンクのスマートフォンを持っていると光回線とスマートフォンを合わせて割引になるおうち割という割引システムもあり、ソフトバンクのスマートフォンユーザーであればお得になるようになっています。

 

 

ソフトバンク光工事の手続きの流れ

 

 

ソフトバンク光を申し込むと新規契約の場合は工事が必要になります。電話やウェブで申し込むとご利用開始の案内と契約に関する書類がSMSまたは郵送で届きます。これらの書類にはサービスを利用するのに必要なIDなどが書いてあります。

 

その後ソフトバンク回線への切り替え工事を行う事になりますが、その前に光BBユニット・回線終端装置(ONU)が宅配便で届きます。家の環境や契約状況によっては宅内工事が必要になる事があります。最後に接続機器や光電話などのオプションサービスの設定をすれば開通となります。

 

具体的な工事日については、ご利用開始の案内の書類もしくはSMS(メール)で送られてくるURLにアクセスし、そこから申し込み時に登録した携帯電話番号・住所・名前を入力すると表示される専用のページに記載されています。

 

なお転用契約の場合は工事は不要で、NTTのホームページで転用承諾番号を取得すれば後は、新規契約と同じ要領で設定するだけです。

 

 

工事費を無料にするには

 

 

フレッツ光ネクストからの転用契約であれば工事費は掛かりませんが、新規契約の場合は住宅環境によっては大掛かりな工事が必要になる場合もあります。そうなると高い工事費を取られてしまい、なかなか新規契約に踏み切れない事も考えられます。

 

フレッツ光ネクスト以外のフレッツ光の場合は、2000円、一戸建てやフレッツ光が導入されていないマンションなどは2万4000円の工事費が掛かります。しかし、現在ソフトバンク光では引越し先や他社光回線からの乗り換えの場合には、これらの工事費が無料になるキャンペーンを行っています。これを利用すれば、本来2万4000円近くする工事費が無料になります。

 

乗り換えキャンペーンはソフトバンクから送られてくる、引越し証明書添付の返送などの手間はありますが、2万4000円の工事費が無料になる事を考えれば、手間を惜しまない方が良いでしょう。特典が適用されるのは、概ね特典適用確定日から1ヶ月程度です。

 

ただしこのキャンペーンは他社からの乗り換えを想定したキャンペーンなので、完全に新規契約の場合は2万4000円の工事費が掛かります。

 

 

 

ソフトバンク光と契約する時に掛かる初期費用は?

 

 

ソフトバンクあんしん乗り換えキャンペーンを使えば工事費は無料にする事が出来ますが、開通までに掛かる費用は工事費だけではありません。他にも初期費用が発生します。

 

初期費用の中で、どの会社でも取られるのが事務手数料です。ソフトバンク光の場合は、契約事務手数料が3000円ですが、サービス変更手数料については無料です。

 

 

初期費用とは少し異なりますが、他社からの乗り換えの場合に発生するのが違約金です。これについては、解約時の違約金を全額キャッシュバックする、ソフトバンクあんしん乗り換えキャンペーンを実施しており、このキャンペーンを利用すれば実質違約金は掛からない事になります。

 

加えて新規契約の場合は前述の通り、2万4000円の工事費が掛かるので注意が必要です。

 

ソフトバンク光と契約する際に発生する初期費用や工事費をまとめましたが、現在行われているキャンペーンなどを上手に使えば契約事務手数料の3000円のみの出費で乗り換えもしくは新規契約する事も可能です。もし新規契約だったりキャンペーンの逃したりして、工事費が2万4000円掛かったとしても、おうち割があればソフトバンクで契約しているスマートフォン1台あれば、充分元が取れる金額です。